【Unity】時間を測る・使う

 Time.deltaTime【タイム.デルタタイム】が利用できる。
 これは前回の1フレームの処理にかかった時間(秒)が取得できる。つまりこれを別の変数などに毎フレーム加算していくことで経過時間などもできる。以下にシンプルにカウントするだけのサンプルを示す。

float ojikan;

void Update(){
   ojikan += Time.deltaTime;
}

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA