【Unity】キー入力の利用

 キーボードのキーが押されているかどうかはInput.GetKey()【インプットゲットキー】で取得できる。型はbool。押されていればtrue【トゥルー】、押されていなければfalse【フォルス】。また、押されたタイミングや指を離したタイミングも以下のように取得可能。

Input.GetKey()押している間true
Input.GetKeyDown()押した瞬間true
Input.GetKeyUp()離した瞬間true

 引数には”String型のキーの名称”か”KeyCode【キーコード】”を渡せる。よく使いそうなキーコードに関して以下にまとめる。更に全てのキーコードを知りたい場合は公式のリファレンスを参照。

KeyCode.Space スペースキー
KeyCode.AAキー(他のアルファベットも同様)
KeyCode. UpArrow 上矢印キー
KeyCode.DownArrow下矢印キー
KeyCode.RightArrow右矢印キー
KeyCode.LeftArrow左矢印キー
KeyCode.Alpha11キー(他の数字も同様)

 boolを返すので下記のようにそのままif文の条件に入れて利用することが多い。KeyCodeを利用する場合文字列ではないので””を付けてしまわないように注意。

if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space)){
            Debug.Log("スペースキーが押されたよ!");
        }

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA