【Unity】位置、回転、大きさを変える

 Unityでオブジェクトの位置や回転、大きさを編集する場合、Transform【トランスフォーム】コンポーネントのそれぞれPosition【ポジション】、Rotation【ローテーション】、Scale【スケール】を変更するだけ。これはオブジェクトを選択した際Inspector【インスペクター】に表示される。

オブジェクトの中心から伸びている矢印方向にそれぞれXYZの数値で管理されている。矢印の色と座標の対応がわからなくなったときはScene【シーン】ウィンドウ右上にヒントがある。座標の数値はスクリプトから操作することもできる。

回転の方向はわかりづらいが、矢印方向にフォークを突き刺して回すイメージ。

数値を使わずマウスで調整することもできる。この場合オブジェクトを掴もうとせず矢印を引っ張るイメージで操作するのがおすすめ。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA