【Unity】コンポーネントの追加

 Component【コンポーネント】については「Unity入門前に知っておくといいはなし」を参照。
 オブジェクトを選択した状態でInspector【インスペクター】のコンポーネントリスト1番下にある[Add Component【アドコンポーネント】]ボタンを押すだけ。

 出てくるポップアップから選んで追加。検索もできる。自作したスクリプトはScriptsのカテゴリに自動的に分類されている。Unityのアップデートで新しいコンポーネントが増えたりもする。

コンポーネントは無数に用意されているが、オブジェクトを用意した後から追加したくなるコンポーネントはそれほど種類はない。以下よく追加したくなるコンポーネントの簡易的なまとめ。

BoxCollider【ボックスコライダー】
 接触・衝突などの判定に必要。ボックスの他にカプセルやスフィア(球体)もある
Rigidibody【リジッドボディ】
 物理演算。主に重力など。
CharacterController【キャラクターコントローラー】
 プレイヤーキャラの操作を簡単に実装できる。
NavMeshAgent【ナヴメッシュエージェント】
 モブキャラの自動徘徊などを簡単に実装できる。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA